いくつかの種類がある

床

フロアコーティングと一言にいても実にさまざまな種類があります。これらの種類をよく理解したうえでどれがよいかを見分けることが必要です。フロアコーティングの種類として人気があるのはカラスコーティングになります。これは、あまり光らないのが特徴で或る意味するがメリットと考える人も多いです。そのうえ、安くて硬いため頑丈なのが取柄です。一郎施工すると15年から20年ぐらいはそのままの状態にしていても問題ありません。耐水性に優れており、水などをこぼしても完全にはじくためしみになるようなこともないでしょう。ただ問題は、大きな物を落としたり重たいものを落とすとひびが入ってしまうことです。表面がガラスでコーティングされているため、薄いガラスが張られているようなものと考えておけばよいです。次に、シリコン系のコーティングもあります。シリコン系は一般的によく使われている素材で、床が滑りにくいのが特徴です。老人がいる場合やまだ歩き始めたばかりの子供がいる場合にはシリコンコーティングを使う意味は大きいといえるでしょう。耐用年数は10年から20年ぐらいになり、料金も比較的安いため人気があるものの一つです。それ以外ではUVコーティングと呼ばれるものがあります。これは、太陽が直接当たりやすい南向きや西向きのローリングなどに施工すると劣化を防ぐことができます。はがれにくいことや光沢が美しいこともメリットになります。

どれぐらいの費用か考える

家族

床にフロアコーティングを行う場合にはたいてい住み始める前になります。これは新築で住宅を建築したばかりの時だけでなく、住宅を購入してリフォームをした場合などもフロアコーティングを行うタイミングの一つです。これを利用する場合、どれぐらいの料金がかかるかといえばその種類によって異なります。比較的高価なものはガラスコーティングと呼ばれるものです。ガラスコーティングは、耐用年数が長い分費用も高く15万円から40万円ぐらいのあいだになります。

魅力的なコーティング

床

フロアコーティングな種類の中には、一般的によく利用されており金額も手ごろなものが存在しています。そのうちの一つが、シリコンを素材にしたコーティングになります。シリコン自体は、床の表面を保護する役割がありしかもそれほど難くないため転んだ場合でもけがを避けることができます。これにより、多くの人がそれを利用しているのが特徴です。費用が安いもので5万円ぐらいのものもありますがそれらにしっかりとしたものは30万円ぐらいかかります。

広告募集中