HOME>アーカイブ>フローリングを長持ちさせるために必要なこと

さまざまな条件を知る

部屋

フロアコーティングはマンションや戸建てにおいて、フローリングを保護することで床材の劣化を防ぐために行います。フローリングのお手入れというと、定期的にワックスがけをすることが一般的でしたが、家具を移動させるなどの作業が発生していました。しかしながら、フロアコーティングであれば一度施工すれば年単位でお手入れが不要であり、フローリング自体をきれいに保つことができます。フロアコーティングのコーティング剤にはいくつかの種類があります。高性能であるものであるほど価格は高くなることから、生活環境などから判断して適切なコーティング剤を選ぶことがポイントであると言えます。

施工する時期を知る

部屋

フロアコーティングはフローリングにコーティング剤を塗布します。コーティング剤にも種類があるので、それぞれの特徴を知り、決めることが大事です。フローリングに塗布するので新築時に、家具が搬入されていない状態が理想的と言えます。コーティング剤によっては塗布した後、乾燥させるための時間が必要なものもあります。乾燥するまでの期間は立ち入ることができないので、施工する場合には必要日数などをあらかじめ知っておく必要があります。

UVコーティングの特徴

床

乾燥が不要なコーティング剤もあります。そのひとつとしてUVコーティングが挙げられます。これはコーティング剤を塗布した後に機械を使用して紫外線を照射することで瞬時に乾燥させることが可能なものです。耐水性があるのでキッチンなどの水を使う場所にも有効であると言えます。耐熱性についても高いので、寒冷地などで床暖房を使用しているときにも問題なく使用することができます。費用については高めになっていることが多いので、フロアコーティングの施工会社ごとの料金をあらかじめ把握しておくことがポイントです。

広告募集中